玉城徹歌集『左岸だより』
5f06f09d4adba01c082a4253

玉城徹歌集『左岸だより』

¥1,100 税込

送料についてはこちら

『玉城徹全歌集』収録の未刊歌集『左岸だより』に、エッセイ「わたしの短歌―戦後の第一ページ」「『馬の首』時代スケッチ」「『樛木』の歌その一」「『樛木』の歌その二」の四編を収録。最晩年の短歌作品と歌人としての出発を一冊におさめる。 玉城徹没後10年企画出版。 実践と評論をもって現代短歌の高峰に達した歌人・玉城徹。 その最晩年に到り得た静謐な<うた>の世界。 玉城徹・略歴 1924(大正13)年、宮城県仙台市生まれ。昭和14年「多磨」入会、北原白秋に師事。昭和52年「うた」創刊、平成15年終刊。歌集『樛木』(読売文学賞)、『われら地上に』(迢空賞)、『香貫』(現代短歌大賞)など、評論集『昭和短歌まで』等、著書多数。